トップページ > 中国株を扱う証券会社

中国株を扱う証券会社

中国株を買いたい!と思っても、事前に知っておくべきポイントがいくつかあります。というのも、中国株の取引ルールや手数料体系について日本株の取引ルールと異なる点が多いためです。そのため、証券会社選びは慎重に行う必要があります。ここでは、3つのポイントを簡単にご紹介します。

 1つ目は、取扱市場や取扱銘柄のチェックです。中国株の場合には、証券会社によって、取扱銘柄数が全く異なるだけでなく、取扱市場まで異なる場合があります。つまり、自分が注目している中国株があったとしても、口座開設したい証券会社では取り扱っていないケースが出てきます。また、ややこしいことに「中国株を扱っている」と謳っている証券会社を覗くと、実際には香港株だったりする場合もあるので、注意しましょう。

 2つ目は、特定口座の対象となっているかどうかのチェックです。証券会社で総合口座を開設する際、特定口座の対象となっていないと、20万円以上の売却益が発生したら確定申告が必要となります(雑収入扱いとなります)。そのため、通常のサラリーマンが中国株で儲けようとした場合、役所での確定申告が発生することを覚えておきましょう。

 3つ目は、手数料体系のチェックです。これは、各証券会社によって異なります。特に注目したい点は外貨決済、最低手数料や諸経費、口座管理料や移管手数料です。証券会社によっては、一部無料のところもありますが、いずれにしてもコストとして大きな負担となりますので、各社を比較して最も有利な手数料がどこかを確認する必要があります。