トップページ > 急速に伸びる自動車関連業界

急速に伸びる自動車関連業界

 自動車保有数が世界トップクラスの国と言えば、どこでしょうか。実は、中国が自動車大国と言えるほど、生産・販売台数ともにトップクラスなのです。特に、ここ近年で見ると、急速な経済発展と共に、自動車を購入する中階層が増加し、大幅に保有数が伸びています。また、個人が保有する預金額や給与そのものも伸びていることもあり、高級自動車を買う傾向にあります。

 自動車そのものの販売が好調ということは、生産台数も伸びている証拠です。ここで注目したいのが、自動車関連部品や車体などの製造ラインや工場が、中国に多数あるということです。つまり、海外の自動車メーカーが設立した中国工場や販売拠点で販売される自動車に人気が集まるため、これらの中国企業が収益を上げやすい構造になっているということです。中国の自動車分野が、いかに高い成長率を堅持しているか、お分かりになられるかと思います。

 但し、自動車分野が堅調だからと言って、安易に自動車関連銘柄を購入することはお勧めしません。というのも、実は海外からの参入そのものには規制が掛けられており、上限50%の合弁形式、同車種については合弁パートナー2社までしか認められていません。そこで、注目したい自動車関連銘柄が、国有系企業です。規制対象にならず、かつ政府支援を受けている企業は、自動車分野の成長と共に、その企業自身の売上・収益が牽引されるため、ローリスクで株式を運用することが出来ます。