トップページ > レバレッジ

レバレッジ

レバレッジは直訳すると、「てこの原理」の意味になります。


FXでは少ない資金で、多額の取引をすることが可能なため、これをてこの
原理に見立ててレバレッジと呼びます。


基本的に貨幣の価値の変動率は低いので、レバレッジを効かせた取引をし
ないことには、なかなか利益をあげられないのが現実です。


レバレッジについて、もう少し説明しましょう。


例えば通常の外貨預金なら為替レートが1ドル=110円から1ドル=115円に
なった場合、110万円を預金していた場合で儲かるのは5万円です。


為替が5円も動いて、やっと5万円の利益...その間、110万円という現金を
寝かせた状態で...です。


これをFXで、レバレッジを効かせて取引すれば、10倍の取引をしたとして
必要になるお金は11万円。余った残りの99万円は、他の株や金融商品なり
に回すことが可能になり、リスク分散と元本の有効活用が可能になります。


FX業者によっては1倍から、中には400倍まで設定されていて、少ない資金
で始め易くなっています。


ただ当然レバレッジは、効果を高めるれば利益が大きくなる分、リスクも
大きくなりますので、預ける証拠金や自分の資産も考えた上で、バランス
よく効果的に効かせていかないと危険です。

仕事をしていない専業主婦が借入したいならhttp://bigmac.jp/で詳細が載っています。