トップページ > 消費税増税は最悪の政策です

消費税増税は最悪の政策です

"消費税増税が決まってしまいましたが
政府は今の段階では一番やってはいけない事をやってしまったのだと思います。

今回の増税は民主党政権が無知ゆえに無駄な金を使いすぎ
結果として財政負担が増え、それを補うために
面倒な財政改革を行わずに安易な消費税増税に走っただけです。

消費税は日用品や食料品など生活する上で絶対に買わなければいけないものに否応無しについてきますので
手っ取り早く税収を増やす事が出来るからです。

しかし、過去2回の消費税増税の時、社会はどう動いたでしょうか?
確かに消費税による税収は2倍ほどにアップしましたが
逆に法人税などは極端に落ちています。
更に、上向きかけていた景気が増税の度に下降を示し
結果的に失われた20年などと言われる長期にわたる不景気となっております。

そして、今回は政府の迷走ゆえに景気が回復しないうちに
東日本大震災による大ダメージ
これにより、失業者の数も増え景気は一気に下降線をたどりつつあります。
その中での増税、これは一時的には税収アップが見込めるでしょうが
長期的に見たら日本全体が立ち直れないほどの大ダメージを負うと思います。

特にエンゲル係数の高い貧困層などは消費税増税により
生活がままならなくなる人達が激増します。
これは、そのまま景気の悪化、及び治安の悪化に繋がります。

よって今回の消費税増税はやるべきではなかったと思います。
消費税増税は他の財政改革を成功させ、景気が完全に上り調子になった時に行うべきだったと思います。
一国民として日本の先行きに物凄い不安を感じます。"