トップページ > 株式投資を始めるきっかけと注意

株式投資を始めるきっかけと注意

"アベノミクスが始まったとはいえ、まだまだ不景気の世の中、どうにかして収入を増やしたいと思うのは皆、一緒ではないかと思います。
いくら仕事を頑張っても、サービス残業などで給料は一向に増えません。定期預金はすずめの涙ほどの金利しかつきません。
となると、投資です。投資といえば、株式投資やFXが真っ先に思いつきますね。
株式といえば、しばらく前までは、ガンホーに投資して億単位の利益を得たという話をよく耳にしました。我も続けとばかりに投資した方もいらっしゃると思います。
株式は、儲かっている間は良いのですが、株価はそもそも変動するものなので、判断を誤ると、利益どころか著しい損失を被る場合もあるのです。投資した企業が倒産でもしようものなら、あっという間に価値は、ほぼ消滅してしまいます。
株式投資は、定期預金ではないので要注意なのです。しかし、株価の変動による利益や、配当金、株主優待など、利率でいえば定期預金をはるかに上回るという側面も持っています。
とにかく勉強と注意を厳重にして、それでいて投資をおこなう必要があります。"