トップページ > 銀行で不便だったこと

銀行で不便だったこと

銀行というのは生活するうえでどうしても利用しなくてはならないものですが、わたしの場合、利用していていちばん不便だと思ったことは、やはり諸手続に関する待ち時間ですね。単純にATMでお金を引き落とすという点では非常に簡単で便利なのですが、どうしても窓口のほうへいって、手続きしなければいけないことというものがあります。銀行によっては、番号札を取るシステムになっていて、あとどれくらい待たされるか、おおよその見当はつくというような形を取っているところもありますが。どうでない銀行となると、自分が今、あと何人分ぐらい待たされることになっているのか、さっぱりわからないということがあります。その点はとくに急ぎの用件があったりするときなどは、とっても不便だし、若干いらいらしてしまうことさえあります。また、それ以外の点で、不便だとかんじたことは、ATMでのお金の取引・振り込みなどで、他行に振り込む場合、どれだけの手数料がかかるのかはっきり明記されていないといったときです。そういう点は、わかりやすく表示してほしいものだといつも思います。