トップページ > 最低取引単位と必要証拠金

最低取引単位と必要証拠金

最低取引単位はFX業者によって様々な設定がされており、同じFX業者でも
口座で分けている場合もあります。


殆どは10000通貨が一般的ですが、1000通貨の場合や100000通過が最低取引
単位の場合もあります。


小額で取引をするなら、取引通貨単位は低い方がいいかもしれませんが、
取引通貨単位が大きい場合はスプレッドや手数料の面でメリットがある
場合も多いです。


必要証拠金についてはレート×取引通貨量の1%といった場合から、1万円、
3万円、10万円などのコースや設定がある場合まで、業者によって様々な
ので小額で取引を始める場合は口座を開設するまえに、よく確認しておく
必要があります。